多摩中央公園の工事視察会

ご無沙汰しています。

ツクルンジャーイエローです。

梅もほころぶ2月某日。

久しぶりに実行委員有志で多摩中央公園を視察してきました。

実は、今年から多摩中央公園エリアはリニューアル工事により、公園の使用が制限されることが決まっています。
昨年から続く新型コロナの影響も考慮した「開催場所の確保と安全への配慮」が、最大の検討課題です。

この課題について、オンライン会議で話し合ってきた実行委員会メンバーでしたが、「今の公園の状態を確認するには、写真ではなく直接目で見る必要がある」という結論に達し、それぞれの視点で観察しました。

晴れ渡った気持ち良い日和で、公園には家族連れを初め、のんびり過ごされている方がいらっしゃいました。

私といえば、多摩中央公園に立つのはなんと2019年の『多摩くら』以来1年半ぶり。

例年、準備であれこれと公園に行っていたのに、そんなに経ってしまったのか……と、なんとも言えない気持ちになりました。
委員会自体もオンラインなので、スタッフと対面で会うのも本当に久しぶり。月に1~2回はオンライン会議で「会っている」はずなんですが、「元気でしたか? お久しぶりです」という言葉がつい出てしまいました^^;

2020年は新型コロナの影響で、「多摩くらふとフェア」も開催を中止せざるを得ない状況になりましたが、果たして2021年は?
まだ手探りな状態ですが「安心して楽しめるクラフトフェア」の実現に向け、模索を続けていきます。

今後の状況については、このブログやFacebookで発信していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。